プレスリリース

2014年07月11日

オートクチュールのユニフォームを発表

ラグジュアリークルーズの最高峰シルバーシー・クルーズの新たにデザインされたユニフォームが、ベニスに停泊するシルバー・ウインドの船上で開催されたファッションショーにてお披露目されました。この新しいユニフォームは、世界的なファッションブランドに向け、デザイナーたちを輩出しているイタリアで権威のあるファッションスクール、ミラノのヨーロッパ・デザイン学院(IED)によってデザインされました。

 

このプロジェクトは、2012年9月にスタート。IEDのチームは、シルバー・スピリットに数日滞在しました。エレガントな船内のアールデコのインテリアにインスピレーションを受け、レセプション、レストラン、ラウンジ、ハウスキーピングなどといろんな環境で働く船内のオフィサーやスタッフたちの仕事を把握した上で作品をつくりあげています。

 

IEDのデザイナーたちは、ラグジュアリー船のイメージに合うよう、エレガントで気品のあるいくつかのバリエーションをもった作品をつくりました。作品には、黒、白、ブルー、グレーの色調の、コットンやウールといったナチュラルな素材を使っています。

Silversea Butler Uniforms

このコレクションは、アントニオ・パーラ、アッラ・ポロツェンコ、ラウラ・リイストロ、マグダレーナ・キルコヴィッチによってデザインされました。またプロジェクトは、IEDモーダのスペシャルプロジェクトマネージャー、フランチェスカ・トットーリ、教授のヴァレンティーナ・コンゾとアルフォンソ・グラニエーリによってコーディネートされました。

 

近々、ミラノからのエレガントなユニフォームを着たシルバーシーのスタッフがお目見えします。